スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< がんばる心のつくりかた◆.諭璽潺鵐 | がんばる心のつくりかた---やる気のスイッチ! >>

がんばる心のつくりかた ターゲット

 前回までに次の事をまとめました。

1)自分の中にいる、いろんな感情や人格にキャラクターを設定してしまおう。 >> 「ペルソナ」

2)「ペルソナ」には最も相応しい名前をつけてあげる事で、より強く意識できるようになる。>>「ネーミング」

そして、今回は

3)自分が憧れる人、または負けたくない人、それか行きたい場所(学校)に狙いを定めて、いつもそのことを念じ続けよう。 >>「ターゲット」

をテーマにまとめてみます。




3、ターゲット


今日も中1の子たちと話をしていて

「どうしても疲れてくると、負の感情を持ったペルソナばっかりになる・・・」と教えてくれました。

そこから抜け出すには「美味しいものを食べてぐっすり寝る」のが一番なのかもしれませんが、「ターゲット」を意識する事で、負の感情を軽減する事は可能です。


例えば、同じ学校の同級生に、成績優秀、スポーツ万能な「小浜くん」という子がいたとします。



誰かに似ているのは気のせいですたぶん・・・

小浜くんは、いつもテストで良い点を取っているし、体育の時間も活躍している・・・自分とは大違い・・・

そこで毎日念じて欲しいのが、

「○○までに、必ず小浜くんを抜かしてみせる」

という言葉です。

心の中で「どうせ、自分なんで小浜くんに追いつくことなんて絶対無理!」と思っていても気にしてはいけません。とにかくも、

(1) 「○○までに」 (〆切を設定)

(2) 「誰々を」 (人物を設定)

(3) 「抜かしてみせる」 (行動を設定)

このように「ターゲット」を設定して、自分の本心がどう思おうが関係なく、毎日言葉にし続けるのです。
当然ながら、負の感情を持ったペルソナが邪魔をします。

「どうせ無理やし!こんな言葉いくら唱えたって、自分には無理!」

それでも全く気にせずに、言葉にし続けるのです。書いたり読んだりして下さい。親しい人にメールを送りまくっても良いですし、自分でブログを立ち上げ、毎日の日記を綴ったら、最後の決めセリフにしても効果的です。


「今年中に、小浜くんを抜かしてみせる!」(言語化)


これを毎日唱えます。




もしも、具体的な人物が身近に無くて、合格したい志望校がはっきりしている場合は、学校名でも効果はあります。


「来年の3月、○○高校に必ず合格する!」


「3月に○○高校に必ず合格すること」をどんなときも意識し続けるのです。そのためには

【言語化】→【繰り返し】

が大切です。

それを「ターゲット」と呼ぶことにします。


ノートに書いたり、友だちにメールしたり、自分でブログを立ち上げて毎日の日記の最後の決めセリフにしたり・・・・

そうやって「ターゲット」を自分に「刷り込んでいく」のです。


よく、紙に「○○高校合格」なんて書いても何の効果も無いという人がいますが、それは「ただ書いただけ」でターゲットになっていないからだと思います。

ターゲットとは何か・・・・「標的」です。


例えばダーツで遊んだ事はありますか?あの丸い標的から目を離して高得点は狙えませんね?


標的から目を離していてはダメなんです。

せっかく標的を捕らえても、すぐ目移りして、ケータイでゲームをしたり、テレビをボーっと見たりしていたら、それはもう狙いがはずれてしまって当然です。

だから毎日毎日「刷り込み」を行って、片時もターゲットから目を離さないようにして欲しいのです。




次回に続きます。
Posted by 学習塾アットホーム 松尾泰憲 * comments(0) * -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form