スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -
<< 復帰!と何リットル泣いたかわからない話 | 剛柔流空手道南勢会第一回合同講習会 >>

総合型地域スポーツクラブ おばたスポレククラブASREC 空手教室 満員御礼


2016年度ASREC空手教室

4月20日 本日午後4時からスタートです。

今年も1年間、剛柔流空手道南勢会の活動とは別に、おばたスポレククラブASREC(文科省・日本体育協会が推進している総合型地域スポーツクラブ)の空手教室講師として指導をさせて頂きます。会派の会長という役職にいても、やっぱり子どもたちと一緒にわいわいしている時間がいちばん幸せです。

「希望者を全員受け入れたらすごい人数になるので、60名で〆切っていいですか?」と事務の方から連絡を頂き、驚いています。体育館で100対1くらいならマイク無しで大丈夫なのですが、主要メンバーが新小学1年生ともなると、どうなることやら。元気の良さで負けないようにしたいです(咳喘息発生中^o^;)。

特に何か大きな宣伝をしているわけでもなし、ASRECのパンフレットにも、年に1回くらい、たまーに小さく紹介されているだけなのに、まだスタートもしていない教室に60名もの申し込み。心から御礼申し上げます。


あくまでも、空手は初めて!という小学生を対象としており、激しい運動はありません。

他のASREC教室との大きな違いは、

・集団行動の指導

・礼儀作法の指導

・情緒教育

この3つにおいて他ではやっていない指導を行っている点だと思います。

なぜ、このような平和な時代に、小学生が格闘技を学ぶ必要があるのか。

それは、子どもの心身の成長にプラスになるからです。

もし私が、5歳のとき空手道と出会ってなかったら。もし中学生のとき、部活と塾で忙しいからと空手の道をあきらめていたならば、私は人から「先生」と呼ばれるような人間ではなかったと思います。


基本は楽しく・元気良く。


「空手を習ってよかった」と思える1年間にしたいです。

ASREC127_1492.jpg
昨年度。彼らは別の修行中です。ヒュージョン!ハッ!
Posted by 学習塾アットホーム 松尾泰憲 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク * - * -

Comments

Comment form




 

   

Trackbacks

Trackback url: